★膀胱がん★と闘う美容師

中咽頭がんステージ4に罹患し、5年寛解してからの~まさかの膀胱がんになってしまいました。

----

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

CM: --
TB: --

0221

入院しました。  

2018年2月21日 入院しました。

手術前日入院しての翌日、手術です。
手術当日は、食べられないので、今日は夕飯からオヤツ、パンを食べまくりました。
退屈しないように、タブレット.スマホ.レンタルのポケットWi-Fiも借り準備万端に。
明日、無事に終了しますように。

Posted on 2018/02/21 Wed. 18:45 [edit]

CM: 0
TB: --

0215

膀胱癌 再々発  

2018年1月16日もう一度、膀胱鏡の再検査に行って来ました。

結果はまた、再発でした。私も撮った写真を見せてもらったのですが、前回よりもハッキリと写っていました。
何でこう何回も再発するんでしょうかねと主治医に聞いたら、再発率60%だからね〜の一言。
ガックリしながら帰って来ました。
2月に再々手術となりました。
手術後の痛みを考えると、やりたくないのが本音ですが、しっかりと治さないとね〜

Posted on 2018/02/15 Thu. 18:32 [edit]

CM: 0
TB: --

0208

2度目のTUR-Bt手術後の経過観察と検査  

2回目TUR-Bt手術(経尿道的膀胱腫瘍切除術)後、3ケ月ごと膀胱鏡の検査となりました。
2017年8月の検査は、クリアしました。
そして2017年11月の検査で怪しいものが出ました。

以前の主治医は異動になり、新たな先生に変わりました。
うーん再発だね〜
私は炎症ではないのですかと❓
イヤ腫瘍だねと(そりゃそうだよね〜、医師は写真を見れば、すぐわかるだろうね)

ではもう1回、2ヶ月後に膀胱鏡の検査をしようかということに、なりました。

Posted on 2018/02/08 Thu. 17:32 [edit]

CM: 0
TB: --

0201

2回目TUR-Bt手術後の結果  

またまた、日頃の忙しさにかまけて、更新が途絶えていました。

2017年6/13に手術後の結果と診察で、がんセンターに行ってきました。

20分ほどで呼ばれて、診察室に・・・
「先日は手術の際は、ありがとうございました」と入室しました。(大舞我)…以下(私)
主治医は、開口一番
そのあと、おしっこするときの痛みとか、どうですか?(主治医)…以下(主)

(私)今はしみるような痛みです。
(主)おしっこの管、抜いた直後より良くなった?
(私)それは全然いいです。抜いてから尿の出始めと終わりごろは、かなり痛かったです。
   血の塊も3回くらい確認できました。で、10日くらいは血が出ていました。

(主)最初から最後まで赤いとか?
(私)いえ、出始めと終わりごろに血が、見れます。
(主)徐々に良くなるし、痛みも薄れていくからね。  
(私)アッはい。    
    
 ・・・すると主治医は・・・
(主)これね腫瘍を採った結果なんですけど、写真を見せながら
   4つの腫瘍を採って、詳しく生研にかけたら「1つだけ、がん細胞が見つかって、他の3つは問題なかったよ。
(私)えぇー!!4つも採取して、1つだけで、他はがん細胞が見つからなかったのですか?
(主)大舞我さんのは、カビのように広がっていて、採ってみなければ解らないというのもあるので、おそらくこれだろうというのを採取してけど、大丈夫だったね。

・・・・結果がひどく悪い状態でなかったので、嬉しいのは嬉しいけど複雑な気持ち・・・
 
(私)1つだけということは、治験はどうなるのですか?
(主)BCG治療の効果が出たということだから、よって治験はやらない。もう1回BCG打って、様子を見よう。

ということでした。膀胱は風船のように膨らむそうですが、膀胱内部を手術等で削ると、その部分は膨らまなくなり、結果、尿を溜められる量が減り、頻尿になりやすいということでした。
私の膀胱内部が、イソギンチャクのようにハッキリしていると解りやすく、取り除きやすかったということでいした。

ウーン、微妙な喜びでした。

Posted on 2018/02/01 Thu. 23:58 [edit]

CM: 0
TB: 0

1116

2回目TUR-Bt手術 (経尿道的膀胱腫瘍切除術)  

2017年5月下旬に手術したのに、長い期間ブログを更新せず、放置状態だったので、こんなに月日が経ってしまいました。
2ヶ月ほど前から劇的に回復した感じがします。
しかし11月下旬に膀胱鏡の検査があるので、少し不安もありますが・・・

1度目の手術から、半年後の検査で再発してしまったので、2度目のTUR-Bt手術を受けるため5月28日に入院しました。
前回と同様に前日入りして、翌日に手術です。

当日は、朝から禁食です。
いつものように、7:30に看護師さんが来て、「お通じは?」・・・出てないと答えると、浣腸しますから処置室に来てくださいと。

今回は新しく出来た棟である、内視鏡センターの手術室で行うということで、看護師さんと歩いて向かいました。
通路も手術室もキレイで広く、最新の手術用医療機器が並んでいます。圧巻です!
今回も経尿道的膀胱腫瘍切除術(TUR-Bt)の実施です(術後が痛くてイヤなんだなぁ~)

前回は手術台に乗ってから、スルッとパンツ脱がされたので、今回は履かずに参戦!
横になってくださいと言われるがまま、左方向に向けさせられました。後方から麻酔医の○○ですの声。
最初に腰に痛み止めを。次に念入りに消毒し、腰骨あたりを何度も何度も触って確認します。「ちょっとチクッとしますよ」
ウッ!下半身麻酔を打ちました。
少しして、足がしびれてきました。執刀医が声をかけてきます。消毒液を含ませコットンで上部、腕などをこすります。
これも前回と同様なので予想していた通り。
念入りに麻酔効果を確認したのち、では始めますよの声でシーン。。。

音楽かけても、いいけどCD持っててきた?と主治医の声。前回は癒しの曲を持って行ったけど、しかし途中でブッブツ!と曲が途切れたり、癒されるどころか緊張しっぱなしだったので、今回はCDも持ってこなかったです。
やはり「ジィッー」メスで切ってる音と、止血で焼いているのか音が聞こえます。。。
点滴・心電図・指にはパルスオキシメータが挟んであって血中酸素濃度も測っています。

しばらくすると、ハイ。終わりましたよ~。今回は4つの腫瘍を採りましたと。。。
術後は尿道カテーテルを膀胱まで挿入し数日間留置します。
下半身が全く動きません。4人がかりでストレッチャーに載せられました。連れて来てくれた看護師さんが迎えに来てくれてました。
これも前回と同様。

腕には点滴、下半身は尿道カテーテルにつながれベッドに寝たまま1歩も動けません。
異物が入っているので、やはりもの凄い違和感。

発熱はしなかったけど、出血が結構あった。
5日間で退院させられたけど、今回は2回目だったし段取りも次はこうかな?ということも予想できたので無事終了という感じ。

痛みに弱い自分なので、ロキソニン・眠剤を出してもらいました。

Posted on 2017/11/16 Thu. 10:54 [edit]

CM: 8
TB: --

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。