★膀胱がん★と闘う美容師

中咽頭がんステージ4に罹患し、5年寛解してからの~まさかの膀胱がんになってしまいました。

----

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

CM: --
TB: --

0705

急遽診察(泌尿器科)  

1458049800690_R.jpg

7月下旬にもう一度、内視鏡で進行具合を診ることになっており、経過観察中でしたが、医師からは血尿が出たらすぐ来て、と言われていました。

数日前からの排尿時の痛みが出てきて、このままではもっと強く痛み出す感じがするので、急遽予約を入れさせてもらい、6月7日にがんセンターに行ってきました。

いつまでも、肉眼で見る限り血尿は見られないので、痛みが出たということはサインなのかな?と診察してきました。

痛み止めと抗生剤を出してくれましたが、膀胱がんには抗生剤は効かないので、多少和らぐ程度と考えてと。。。

主治医からは、膀胱がんについて割と細かく話して頂いたので、早めの手術をすることになりました。

手術で組織を切除して、1ヶ後から集中的にBCG注入または抗がん剤で残りの細胞を叩こうということになりました。

手術をするにあたり、患者にとって適切で安全な治療法であることを確認するために、いくつかの検査を行う必要があるとのことで、それらの術前検査(血液・尿検査、胸部X線、肺機能、心電図)をしました。術前検査結果は翌週にわかります。

Posted on 2016/07/05 Tue. 07:18 [edit]

CM: 0
TB: --

0704

検査結果と内視鏡検査(膀胱)  

1468405574647.jpg

5月10日・・・2週間前の検査結果を聞くのと、内視鏡〈膀胱鏡)で膀胱の状態を見るために、病院に行ってきました。

最初に内視鏡の検査です。看護師さんからこちらで、ズボン・下着を脱いで検査着に着替えてくださいと、穴の開いているのが前になりますと。。。

検査台に座ってお待ちくださいと、案内されたそれは、両足大開脚のそれでした。

カーテンみたいのがついています(あぁ、検査されてる所と顔が見えると、変に気まずいしね)

医師が来てくれました。開口1番、「血尿が出たりしてませんか?」と私は「肉眼で見る限り出てません」と。

消毒をしたら麻酔のゼリーを注入。では内視鏡を入れますと伝えられて、「ウッ・・・」 ここから狭いところを入りますと言われたら、思わず肩に力が入ってしまい、ますます「ウッゥゥゥ・・・」

膀胱に到達したらモニターを見せながら医師が説明してくれました。

何やら泡みたいのが見えます。これは膀胱内の空気ということでした。まずきれいな部分のところを見せてくれました。そして映し方を変えて別な部分にヤモヤしてるのが見えました。ここに潜んでいる感じだね。そして表面の綿のようなものが乗っているのはこれは炎症を起こしていると。

検査事体は短時間でしたが、冷や汗というかあぶら汗が。。。一旦、待合室に。

再び呼ばれて前回の検査結果と内視鏡に関して説明を受けました。

尿細胞診の検査では、尿中には明らかにがん細胞があり、やはりクラス5でした。

CTの結果は、腎臓・尿管共に問題なし。膀胱の壁は通常5mmくらいだが、右と左の壁の厚さが違う。倍くらい膨らんでいるので、ここに癌が潜んでいる可能性大ということでした。

そして本日の内視鏡に関しては、相手が見えにくい。組織の中に埋まっているカンジなのでもう少し経過観察をしましょうということになりました。

検査に当たり膀胱鏡で診て、70~80%がイソギンチャク・カリフラワー状の突出した腫瘍が出るのだが、大舞我さんの場合は突出してなく、ここからここまでが「がん」に侵されているというのが見えにくく、境目がハッキリしないのでどこからどこまでを切除するかというのも、もう少しハッキリしてから取りましょうかと。

腫瘍が雪降ったようにバラバラに散らばっているようで、手術後に BCGを膀胱内に注入する治療が第一選択となるようです。

Posted on 2016/07/04 Mon. 07:17 [edit]

CM: 0
TB: --

0703

紹介状を持って泌尿器科を受診  

4月26日に、がんセンター東病院へ行ってきました。ここは、中咽頭がんを治してもらった病院。経過観察でも6年通ったので馴染みのある病院です。

今までは主に放射線科に通っていたので、今回は科が違うから初診扱いになると言われました。

受付を済ませると最初に薬剤師との面談です。現在飲んでいるクスリやアレルギー等を聞かれ短時間で終了。

泌尿器科の受付をすると8ページにも亘る細かな問診票を渡され、記入するようにと。記入が終わると病院に来てから1時間以上の時が過ぎていました。

ほどなくして、呼び出し受信機が鳴りました。少し緊張します。医師は40代とみられる先生でした。紹介状の文面を見ながら、「尿細胞診の検査で癌がいたということ」で患者にわかりやすく、模型をつかいながら説明してくれました。



腎臓でおしっこを作って腎臓の右左・腎臓と膀胱をつないでいる尿管・膀胱・そして尿道。。。

どこに癌があっても、おしっこの検査(尿細胞診)に出てきてしまうということでした。

腎臓だろうと膀胱だろうとおしっこに集まって出てきてしまうので、尿細胞診検査のクラス5の出た癌はどこにあるのかということを最初に調べなければいけないし、部位によって治療方針も変わるということでした。

今日は、腎臓・膀胱・尿管を診るCTを撮り、尿細胞診検査・血液検査を受けることになりました。幸い朝食をとってから4時間が経過していたので、CTを撮れるので、検査をして今日の診察は終了しました。

次回、膀胱を診る内視鏡の検査と今日の検査結果を聞くことになりました。

今回の先生は、患者にわかりやすい言葉で説明してくれて、内容を理解しやすかったです。

次回の「内視鏡は痛くないですか?」と聞いたら「2000人くらい内視鏡やっているけど、途中で痛くて痛くて断念した人はいなかったから大丈夫」と言うので、安心してお願いできそうです。

不安はありますが、なっちゃったものはしょうがない。治すしかないですね!そして元気に復活しないとね!

こう見えて、痛いのがとても苦手な大舞我でした。

Posted on 2016/07/03 Sun. 07:15 [edit]

CM: 0
TB: --

0702

5年寛解後にまさかの膀胱がん?  

2016年4月に、膀胱炎のひどいような症状でしたが、癌サバイバーの仲間とゴルフを楽しんできました。楽しかったゴルフの翌日に、ドーンと尽き落とされる結果が出ました。
13062895_991403450895430_5712604040709605673_o_R.jpg

美容師あるある・・・なのですが、接客中になかなかトイレに行けないもので、我慢することが多く、膀胱炎を繰り返していました。2016年2月からまた調子が悪くて、泌尿器科にかかっていました。いつもは抗菌剤を5日分くらい出してもらい飲んでいると、3日目には症状が良くなっているというパターンでした。しかし症状が良くならず、立て続けに病院へ。

2月25日 膀胱炎のような症状で、地元の医院を受診。

3月 3日 抗菌剤が効かずもう一度受診、クスリを変えてもらいました。

3月17日 それでもまだ抗菌剤が効かず、また病院へ。クスリの耐性が出たのかもしれないということで、抗菌剤を他のものに変えましたが症状が一向に収まりません。

4月 5日 また病院へ・・・今までに一番多く出してもらっていた薬剤に戻しました。しかし収まりません。なぜかクスリも効かず、どんどんひどい症状になってきます。

4月14日 また病院へ・・・いつもの尿検査で潜血はずっとあったようなのですが、赤血球の数値が正常値の15倍という、とんでもない結果が出たので、医師は尿細胞診に出そうと言って検査に出してくれました。

尿細胞診とは、尿中の細胞を鏡検し、悪性の細胞の有無を調べる検査で、 主に膀胱がんや腎盂・尿管がんの診断に用いられるそうです。
Class1から5の5段階に分類されますが、4または5の場合には膀胱がんや腎盂・尿管がんの存在が強く疑われるとのこと。。。

妻からは、良くなってないからゴルフをキャンセルしたら・・・とも言われましたが「前から予定して、自分の休みにも合わせて組んでくれてるのにキャンセルできるわけないでしょ。」と。。。そして去年の秋に処方された抗菌剤がたまたま出てきたので、それを飲むと少し改善されたので、予定通りゴルフに向かいました。

プレー中も飲み会の時も、トイレに行く頻度は多かったですが、ひどい痛みもなく楽しみました。宴会後の翌日(4月19日)、皆で昼食を食べようと約束していたのですが、何回もトイレに行くし、尿細胞診の結果が気になるので、私はキャンセルさせてもらい、まっすぐ病院に向かいました。

病院で受付をしたら看護師さんがすぐ出てきて、「大舞我さん何度も自宅に電話したのよ!昨日今日と」・・・(ンッ?電話するなんて。イヤな予感)私はこないだの検査結果が悪かったの?と聞くと、看護師はコクリと、うなずきました。「詳しくは先生から聞いて~」と言ったきり診察室に消えました。私のゴルフに合わせて、妻も友達と1泊旅行に出かけていたので自宅には誰もいなく、連絡が取れなかったようです。いつも診察前に尿検査をするのに、呼ばれません。聞いたら今日はやらなくてもいいということ。一体、どうなっているんだ?不安が増してきました。

saibousin.jpg

名前を呼ばれ診察室に・・・どうでした結果は?と聞くと先生は結果通知を見せながら「癌細胞物質のようなものが、多く見つかった。5段階評価のうちのクラス5だから一番悪い結果だね。今から○○総合病院に紹介状を書くから受診して」と言われ・・・イヤ、私は中咽頭がんを治してもらった、がんセンター東病院に紹介状を書いてくださいとお願いしました。病院を出てからすぐ予約の電話をして何とか1週間後の予約が取れました。

Posted on 2016/07/02 Sat. 07:19 [edit]

CM: 0
TB: --

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。