★膀胱がん★と闘う美容師

中咽頭がんステージ4に罹患し、5年寛解してからの~まさかの膀胱がんになってしまいました。

----

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

CM: --
TB: --

0801

BCG 膀胱注入決定!  

1468405603209.jpg

7/26 診察と今後のスケジュールについて決めるのに、がんセンターに行ってきました。
今回はひじょうに早く呼ばれ、主治医は開口一番、頻尿のほうはどうですか?と・・・
私は2時間もつようになったと伝えると、来週からBCGの治療をしましょうということになりました。

主治医曰く、膀胱がんは膀胱内の再発が極めて多い(50%)
手術単独の治療のみでは、終わらせないほうが良い。

大舞我さんのは、
◆腫瘍の範囲がわかりづらい。
◆腫瘍の深達度が間質まで達している。
◆多発性である。腫瘍が合体して大きくなる場合が多い。
と主治医より言われました。

追加治療として膀胱内注入療法
◎BCG(抗がん剤より効果が高いそう)副作用も強い。
 週に1回、6~8週 そして3ヶ月ごとに1回を術後1年半
 BCGはウシ型結核菌を使用する。
    ↓   ↓   ↓
膀胱炎の症状を起こさせる・・・わざと
炎症が起こると粘膜が剥がれる。

例えば鼻炎とかの時は、鼻の中を診ると真っ赤何ですね。
鼻づまりで鼻をかむと、鼻の粘膜は浮腫んだ状態。
浮腫んだ部分の表面は、脱落するんです。
それが剥がれると鼻くそや鼻水として出てくるそうです。

粘膜というのは表面は、再生されるので、結核菌を入れることでわざと膀胱炎の症状を起こさせる。
炎症を起こすと、表面がワーっと浮腫んで・・・浮腫んだのは、後で剥がれちゃうので、残存していると思われる、がん細胞も一緒に剥がしてなくなってしまう。

副作用は頻尿。排尿痛。発熱。1~2%結核になってしまう人もいる。

BCGを注入することで、2年内の再発率は20%くらいになる。
半年・1年以内で再発した場合は、BCGが効いてないということだから、他の薬(抗がん剤等)を用いる。

以上、今後のスケジュールとBCGについての説明を受けました。
8/2~BCG注入が決まりました。
副作用が少なく済むように願うばかりです。
スポンサーサイト

Posted on 2016/08/01 Mon. 22:32 [edit]

CM: 0
TB: --

« BCG 1回目  |  手術後、初の診察 »

コメント
コメントの投稿
Secret

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。