★膀胱がん★と闘う美容師

中咽頭がんステージ4に罹患し、5年寛解してからの~まさかの膀胱がんになってしまいました。

1116

2回目TUR-Bt手術 (経尿道的膀胱腫瘍切除術)  

2017年5月下旬に手術したのに、長い期間ブログを更新せず、放置状態だったので、こんなに月日が経ってしまいました。
2ヶ月ほど前から劇的に回復した感じがします。
しかし11月下旬に膀胱鏡の検査があるので、少し不安もありますが・・・

1度目の手術から、半年後の検査で再発してしまったので、2度目のTUR-Bt手術を受けるため5月28日に入院しました。
前回と同様に前日入りして、翌日に手術です。

当日は、朝から禁食です。
いつものように、7:30に看護師さんが来て、「お通じは?」・・・出てないと答えると、浣腸しますから処置室に来てくださいと。

今回は新しく出来た棟である、内視鏡センターの手術室で行うということで、看護師さんと歩いて向かいました。
通路も手術室もキレイで広く、最新の手術用医療機器が並んでいます。圧巻です!
今回も経尿道的膀胱腫瘍切除術(TUR-Bt)の実施です(術後が痛くてイヤなんだなぁ~)

前回は手術台に乗ってから、スルッとパンツ脱がされたので、今回は履かずに参戦!
横になってくださいと言われるがまま、左方向に向けさせられました。後方から麻酔医の○○ですの声。
最初に腰に痛み止めを。次に念入りに消毒し、腰骨あたりを何度も何度も触って確認します。「ちょっとチクッとしますよ」
ウッ!下半身麻酔を打ちました。
少しして、足がしびれてきました。執刀医が声をかけてきます。消毒液を含ませコットンで上部、腕などをこすります。
これも前回と同様なので予想していた通り。
念入りに麻酔効果を確認したのち、では始めますよの声でシーン。。。

音楽かけても、いいけどCD持っててきた?と主治医の声。前回は癒しの曲を持って行ったけど、しかし途中でブッブツ!と曲が途切れたり、癒されるどころか緊張しっぱなしだったので、今回はCDも持ってこなかったです。
やはり「ジィッー」メスで切ってる音と、止血で焼いているのか音が聞こえます。。。
点滴・心電図・指にはパルスオキシメータが挟んであって血中酸素濃度も測っています。

しばらくすると、ハイ。終わりましたよ~。今回は4つの腫瘍を採りましたと。。。
術後は尿道カテーテルを膀胱まで挿入し数日間留置します。
下半身が全く動きません。4人がかりでストレッチャーに載せられました。連れて来てくれた看護師さんが迎えに来てくれてました。
これも前回と同様。

腕には点滴、下半身は尿道カテーテルにつながれベッドに寝たまま1歩も動けません。
異物が入っているので、やはりもの凄い違和感。

発熱はしなかったけど、出血が結構あった。
5日間で退院させられたけど、今回は2回目だったし段取りも次はこうかな?ということも予想できたので無事終了という感じ。

痛みに弱い自分なので、ロキソニン・眠剤を出してもらいました。
スポンサーサイト

Posted on 2017/11/16 Thu. 10:54 [edit]

CM: 6
TB: --

0514

内視鏡検査とBCG注入  

4月25日に、治験を受けるための準備として、内視鏡検査と条件を整えるための、BCG注入をしてきました。

内視鏡検査では、再発部分が前回より大きく成長してるということでした。
何枚か組織の写真を撮った後、同じ椅子でそのまま、BCG注入をしました。
いつものように2時間後に指定の場所で容器に排出してねと言われその間に、入院するにあたっての各種検査をすることとなりました。
血液検査・各部位のX線・心電図・肺機能検査を経て、後30分で2時間だと我慢をしていましたが1時間45分で限界がきて、排出。

久々のBCG注入でしたが、ここからが大変なことに・・・10分に1回は尿意を催し、行けば少ししか出ないのに酷い排尿痛が・・・
今までのBCG治療の中で、最強の痛みかも・・・
病院の帰りにショッピングセンターに、寄ったのですがトイレばかり、行きたくなって店を見てる場合ではありません。
速攻、家に帰ることにして、到着後ヨコになっていたら案の定、熱が出てきました。
7~8時間で40回以上トイレに行くハメに・・・頻尿にもほどがあるでしょ!おまけに血尿も出ています。

翌日、GW前だったのと、スタッフに休みを与えていたので、調子が悪い中、仕事に出たらクタクタになってしまい、早く体を元の状態にと焦るばかりでした。
翌々日、仕事をしていたら、夕方から声が出なくなり、喉が痛くて、痛くてどうしようもないです。
家にあった痛み止めを飲んで早めに就寝。
朝起きても、喉の痛みは変わらず。
仕事も休めず、マスク・クスリで武装しながらも、微熱が続き一向に良くなりません。

4/29(祝日)あまりの具合の悪さで、休日緊急外来を受診しましたが、担当医が整形外科医なのでよくわからず、解熱剤・抗生剤を出しておくから平日になったら内科にすぐ受診してねと。
抗生剤が効くのかと思いきや、弱い抗生剤なのか一向に良くなりません。
またこの3日間水を飲むのも痛くて、1日1回ヨーグルトだけで過ごしていたら3日で3kg痩せていました。

月曜日になり、最初に咽頭がんを見つけてくれた耳鼻咽喉科を受診しました。
症状を聞いて、口内を目視・手で首・リンパを触診・鼻からファイバーを入れ喉を診て、口内はカラカラ。扁桃炎で喉頭浮腫・そして放射線の影響で萎縮してしまっているということでした。
1時間点滴を打って貰って、この日は仕事を休みました。

点滴が効いたのか?家に帰ってから食事が取れるようになりました。
翌日も来るように言われていたので、朝一で行って、再度点滴を・・・
そこから少しづつですが、快方に向かいました。

今思うと、BCGの副作用の中、風邪をひいているお客様の接客をして、免疫力がなかったためか風邪をうつされこじらせてしまったようですた。結局10日ほど具合悪く、酷い状況でした。

今月下旬に、 経尿道的膀胱腫瘍切除術(TUR-Bt)のための入院です。
気が重いけど、治さないとね。。。

Posted on 2017/05/14 Sun. 12:24 [edit]

CM: 2
TB: --

0421

膀胱がん再発と人間ドックの結果  

最初に、人間ドックの結果を・・・

3月に人間ドックを受けてきたのですが、数値が悪いのがいくつかありまして、医師及び栄養士からみっちり指導され、現在は食事と体温(平熱)を上げるべく、努力をしているところです。

□検査結果ですが、身体計測は腹囲(へそ回り)がC判定(お腹が出ているということですね)基準値を超えメタボの可能性あり。生活習慣の見直しが必要。そして20代のころから比べて身長が2cm縮んでいました。

□血小板減少の傾向あり・・・医療機関受診を推奨。

□尿検査は潜血あり(これは、がんセンターで検査した時も言われていたので納得)

□肝機能が脂肪肝だと。そして胆のうポリープ・・・ムムム

□糖代謝・・・糖尿病予備軍。食事などの生活習慣改善を推奨。

□一番ひどいのは、脂質代謝・・・再検査と治療が必要な状態。医療機関の受診を強く推奨! 総コレステロールC判定・・・かなり高い数値。

中性脂肪C判定。

極め付きは悪玉コレステロールD判定・・・基準値が60~119に対し私の数値は178と食事や運動のレベルでなく、病院に行ってクスリで下げなさいと言われ、ショックを受けて帰ってきました。



再発について

2月に膀胱がんの再発が見つかり、いまさらながら私の平熱が35.4~35.6度しかないので、免疫力がなく、また再発してしまったのか?と後悔しました。

深く浸潤していると膀胱全摘だと主治医に脅され、悶々とした2週間を過ごしましたが、MRIの結果、深くはなかったので全摘は免れました。

しかし術後は、再発予防にも効果のあるクスリを使ったのに、再発したので、他の方法として、大舞我さんは条件的に当てはまるから・・・治験をやってみないかと言われました。

その条件とは・・・

●18歳以上で同意がとれる。

●転移がない。

●ステージ3以上になっていない。

●治療したにも関わらず再発した。

●9ヶ月以内にBCG治療を7回やっている。(6回の標準治療はしたのですが、1回足りないので条件を整えるためのBCG注入を1発入れる予定)

治験で使用するクスリは、日本ではまだ認可されていないということですが、アメリカ・ヨーロッパで認可されていて、効果が出そうなクスリだからと勧められたので、二つ返事でOKしました。

今後の予定は内視鏡検査と7回目のBCG注入。

そして入院して、手術・がん細胞を取り除き、採取して詳しい細胞診を。

それから治験という段取りです。術後の痛みを考えるといやだなぁと思いますが、治療ができるなら前向きに考えないとね。。。

Posted on 2017/04/21 Fri. 00:07 [edit]

CM: 6
TB: --

1116

TUR-Bt手術後・BCG治療後の初「膀胱鏡検査」   

11/15 TUR-Bt手術後とBCG治療の経過観察の初検査に、がんセンターに行ってきました。

膀胱腫瘍切除術(TUR-Bt)とBCG治療後は、副作用が強く、頻尿、排尿痛に悩まされていました。
しばらくはロキソニンを治療後1月半は飲み続けました。
また、夜中に起きて何回もトイレに行くので、眠剤は欠かせないものになりまして、今でも眠剤は飲み続けています。

さて、検査結果ですが膀胱鏡で診たところ、がんが見当たらなくなったということでした。
治療の効果が出たね!と主治医から言われました。10日前から不安だったためか、また排尿痛が出ていたので残存?もしくは再発?と気をもんでいましたが、ちょっとホッとしました。

161115-143001_R.jpg

4枚ほど撮った膀胱内部の画像写真を貰いました。赤く写っている2枚の写真が炎症を起こして、腫れている状態だそうです。なので、炎症があるからまだ痛みが残っているのだということでした。
今後は3ヶ月に1回の膀胱鏡検査 + BCG注入を2年間続ける予定になりました。
ぜひ次回もクリアを願うばかりです~!

Posted on 2016/11/16 Wed. 16:23 [edit]

CM: 2
TB: --

1104

TUR-Bt手術後4ヶ月・BCG治療後2ヶ月経過して・・・  

膀胱腫瘍切除術(TUR-Bt)の手術を6月27日にして、4ヶ月過ぎました。
BCG治療6回終了後、2ヶ月経ちました。

手術もですが、6回のBCG 膀胱注入の副作用には悩まされました。
当日と翌日は必ず、熱が出ましたし、極端な頻尿、排尿痛に悩まされました。
頻尿は今でも続いてますが、排尿痛は治療後45日~50日は続いて、ようやく最近、痛みがなくなったところです。

手術以降、夜中に3回起きてトイレに、行くのは当たり前になってしまいました。
酷い時は5回も6回も行って、睡眠障害に陥ることもありストレスがたまりました。


現在の状態は、日中は1時間半くらいに1回トイレに。
夜は2時間に1回はトイレに。眠剤を飲まないとトイレに行った後、なかなか寝付かれない状態になっているので、眠剤は必須になってしまいました。
排尿痛は、無くなってきましたが、変な違和感は感じます。

11/15に術後、最初の膀胱鏡の検査です。その日は咽頭がんのCTも入っているので、今から不安です。
主治医が言うには、副作用が強いということは効果が出ているということだよ!と言われ何とか、がん細胞よ!消えてくれ!そして再発しないでくれ!と祈るばかりです。

Posted on 2016/11/04 Fri. 19:19 [edit]

CM: 0
TB: --

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者

▲Page top